みなさま、こんにちは。ごう歯科クリニック院長の懸樋です。何かと慌ただしかった一年も気がつけばあとわずかになりましたね。今回は新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスの感染対策として欠かすことのできないマスクと口腔乾燥に関するお話をします。

 今の時期は感染拡大の対策としてマスクを常に着用している方も多いと思います。マスクには様々な種類がありますが、その中でも気密性の高いものは飛沫拡散防止の効果も高い反面、多少の息苦しさを感じることがあります。呼吸をするときは鼻呼吸が本来の正しい呼吸法なのですが、マスク装着に伴って息苦しさを感じ、口が開いたままの口呼吸になってしまうことが多いようです。また常にマスクをすることで表情を作る機会が減ったり、外出の自粛に伴って人と会話する機会も減ったりすると口まわりの筋力が衰え、さらに口呼吸が増える、唾液の分泌量が減るというような状態になってきます。

 鼻呼吸が正しくできていれば、鼻から入った空気が鼻腔を通る途中で鼻毛や粘膜がフィルターの働きをしてホコリや細菌、ウイルスといった異物を取り除いてくれますが、口呼吸になるとその細菌、ウイルスなどが直接気管支の方へ入ってしまうので、風邪などの感染症にかかりやすくなってしまいます。また口の中が乾くことで口腔内細菌が増えやすい環境になり、口臭が強くなる、誤嚥性肺炎のリスクが高まるといった影響も起こると考えられます。

 感染症対策としてマスクの着用が習慣化している今は特に鼻呼吸を意識してお口の健康と全身の健康を守っていきましょう。