ごう歯科クリニック院長の懸樋です。今回は当院の設備をご紹介します。

CT
 ごう歯科クリニックでは歯科治療で安全性と正確性を高めるために、歯科用CT装置を導入しております。CTとは、Computed Tomography(コンピューター断層撮影法)の略でレントゲン撮影データをコンピューターで処理、再構成し、画像を立体的に見せることができる技術です。CT画像を撮影することで今まで2次元でしか見ることのできなかったものが3次元で立体的に観察することができ、顎の骨の状態、顎関節、親知らず、神経の走行など様々なものをより詳しく確認することができます。

 例えばインプラント治療を行う場合、術前にCT画像を撮影することで骨の厚さ、高さ、形態、骨質などを調べることができます。これにより最適な治療計画に基づいたインプラント治療が可能になります。

 また、この歯科用CT装置は従来のレントゲンや一般医科用CTと比べて約1/10の被曝線量で撮影することができるので検査の際も安心してくださいね。