みなさまこんにちは。ごう歯科クリニック歯科衛生士の上野です。

6月は梅雨なので、雨の降る日も多いですね。気圧の変化などは体調にも影響しますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

さて、私は先日オンラインで、免疫力についての講義を受けました!

なぜ免疫力に着目?

それは、歯周病の発症と大きく関わっているからです。

歯周病は、歯周病菌と体の免疫力とが闘う病気です。両者のバランスがとれている時は、安定していますが、このバランスが崩れた時に、歯周病は進行しやすくなります。
なので、お口のケアだけでなく、免疫力にも目を向ける必要があるのです。

この免疫力を高めることが、歯周病の改善や、体の健康へと繋げることができます。

健康の底力である免疫力が落ちる一番の原因は「加齢」です。
20代をピークに私達の体はゆっくりと免疫力が落ちていきます。免疫力が落ちると病気にかかるリスクが高まります。
その他に免疫力が低下する原因としては、ストレス、喫煙、冷え、寝不足、ブルーライトなどがあげられます。

免疫力というのは、数値で測ることは難しいので、あくまでも「免疫力を高めるための行動を意識する」ということが大切になってきます。

ここでチェックシートをしてみましょう。

20200629_204829

0個:心配なし。免疫力を高める意識はもっておくこと。
1~2個:免疫力低下が始まっている。免疫力を高める対策が必要。
3個以上:体がSOS。今すぐ免疫力を高める対策に取り組んでいきましょう。

さて、いくつ当てはまりましたか?

免疫力を高める行動としては、
・バランスの良い食事
(キャベツ、ニンニク、キノコなど)
・質の良い睡眠
・適度な運動
・入浴
(40度のお湯に20分浸かる+保温30分)
などの方法があります。

みなさま日々忙しい毎日をお過ごしかと思います。ほんの少しできることから免疫力を高めることを意識した生活が送れるとよいですね。
人生100年時代の今、いくつになっても健康に歳を重ねていきたいですね。