歯ブラシだけでは歯と歯の間を磨ききることはできません。ですから、歯ブラシと一緒にフロスを使うことが必要です。
特に、奥歯は前歯に比較すると歯と歯の間の接触面積が広いです。その分、プラーク(歯垢)が停滞し、虫歯や歯周病の進行がしやすいところになります。
歯と歯の間の虫歯は、みえないので目で確認することは難しいです。ですから、虫歯の発見が遅れやすく、気づいた頃には虫歯が深いところまで進行していることがあります。
是非フロスを活用して、虫歯、歯周病予防に取り組んでみてください。
フロスは正しく使用しないと、歯茎を傷つける原因にもなります。使い方は担当衛生士からきちんと指導を受けてください。